武富士でおなじみの「消費者金融」って何?

武富士で有名になった「消費者金融」とはどんなもの?

 

昔、武富士が出始めた頃はあまりなじみのなかった消費者金融。
しかし、武富士のユニークなCMなどによって「消費者金融」というイメージはかなり良くなりました。
では、武富士を筆頭とする「消費者金融」って一体どんなものなんでしょうか?
「消費者金融」についてちょっと詳しく調べてみました。

 

世の中には、武富士のようにお金を貸す機関はたくさんあります。
そしてお金を借りる側も、企業や事業主などたくさんいますね。
その中でもこの「消費者金融」というは、明確な定義があるわけではありませんが、多くの場合「消費者信用によって個人への小口融資を無担保で行う金融機関」なんだそうです。
こう言われるとちょっとわかりにくいですね。

 

まず、消費者信用というのは、金融機関がお金を貸す際に大事なもので、お金を借りようとしている個人が、後に返済する能力があるのかどうかの信用を意味します。
つまり、武富士のような「お金を貸す側」もいつかは返してもらわなければいけないので、その人の年収などから返済能力を審査するんですね。

 

次に無担保で貸すという点を説明します。
担保というのは、お金を借りている側が万が一返せなくなった時の保険のようなものです。
例えば、家を担保にしてお金を借りるという場合は、もしもお金が返せなくなった場合は、家という資産をお金の代わりに渡すというものです。

 

まとめると、武富士のような「消費者金融」というのは「担保ナシでお金を貸してくれる機関」といってしまっても過言ではないかも知れませんね。

 

今、日本の10人に1人は武富士のような消費者金融を利用していると言われています。
CMなどでは、とても優しげな文句をうたっている消費者金融ですが、銀行などに比べて利子が高く、使い方を誤ると人生が台無しになってしまうこともあります。
また、武富士問題のような過払い金請求に巻き込まれてしまうこともあるかも知れません。
(今は大手の消費者金融であれば安全ですが・・・。)
みなさん、消費者金融を利用する際はくれぐれも計画的にするようにしましょう。